循環器看護師の転職時、使える知識は?

看護師循環器求人TOP >> FAQ >> 循環器看護師の転職時、使える知識は?

循環器看護師の転職時、使える知識は?

循環器看護師に転職するときに知っておくべきことはたくさんあります。知識がないと仕事になりませんので、実際に就労する前にはある程度の知識は付けておきたいものです。普通の病院で内科の看護師をしている方などは、医師のサポートや外来患者の対応、入院患者の対応などを行うと思います。これは基本的にどの職種や科でも同じです。基本的にそれらの通常業務にプラスして循環器の仕事は上乗せという形で比重が多くなります。その点を良く考えて目指しましょう。

まず、第一に知っておきたいのが適性を知るということです。仕事にはそれぞれの適性というものがあります。体力がまったくないのに肉体系の仕事をしても長続きしませんよね。だからこそ、適正というものが必要になります。循環器の場合の適性としては、「患者の様子に敏感になれる」ということや「体力があること」「コミュニケーション能力があること」などがあります。これは知識というよりも能力に近いのですが、能力がついて来れば仕事にも活かせるので知っておくと良いです。

ほかに知っておくと便利なものとしては、内臓系に関する知識です。専門学校や大学で専門的な知識を付ける方がほとんどですが、循環器はまた少し違います。心臓や血管、リンパなどの知識もより深くまで必要になってくるので、転職の際に知識があるということが武器になります。働いてみてからでないとわからないこともありますが、知識はつけられるので勉強しておきましょう。

また、心電図や心エコーについての知識もあると役立ちます。病院によっては看護師にそれらの仕事を任せているところも多いので、現在使えないという方は使い方などを知っておくと良いです。実際に働き始めてから知ることもできますが、他の仕事をしつつ新しい知識を付けるというのは大変なので、事前に学習して少しでも順応できるようになっておくと良いです。ただ、一度使えば慣れるまでは時間の問題なので、前の職場や現在の職場で見ておくだけでも良いです。

それらの知識を持っておくと転職した後もすぐに順応できます。医療関係の仕事は専門知識も飛び交っているので、わからない言葉が無いように用語についても学んでおくと良いです。ちなみに用語に関しては、テキストなどもあるので、本屋で探してみたり、ネットで勉強してみるのも手です。後は試験や面接に合格するだけですぐにでも働けるので、働きながら吸収できることは吸収して成長していくと良いです。

循環器系の看護師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 <※循環器>看護師求人ナビ All Rights Reserved.